20

November

~オススメ色打掛のご紹介~

皆様と差をつけたい花嫁様必見!

 

TAGAYAオススメ色打掛をご紹介いたします☆

 

 

白地を埋め尽くすほど様々な色彩を持った文様が散りばめられた総絵羽の唐織の色打掛。日本の伝統色を意識しながら甘めのピンクを併せて現代的な可愛らしさを演出。

 

 

【綿織】

「故郷に綿を飾る、綿を着て帰る」ということわざの通り、綿は華々しい物の代名詞として用いられてきました。

平家物語では、内大臣平宗盛に今生の別れを告げに来た斎藤実盛が赤地綿の直垂を着用した晴れの装いだったとされており、綿は当時から人が意を決して臨むような大切な場所で着られていたとされています。

 

他にもたくさんの色打掛をご用意しておりますので、是非ご試着にお越しくださいませ♪

皆様のご来店心よりお待ちしております。