室町時代から愛される白無垢は、純白の装いが純潔を意味し、格式高い和装で清楚な花嫁姿が印象的。
掛下から小物まですべて白で統一することで気持ちも引き締まり、清楚で愛らしい花嫁に。