16

August

〜オレンジの色打掛特集〜

  • 京都店
  • 和装

和婚を考えている花嫁様、お色直しの色打掛は何色にするか決まりましたか?

たくさんある色打掛の中で、今回はオレンジ色の色打掛おすすめをご紹介します!

 

 

1.オレンジのイメージ効果

 

オレンジ色は赤と黄色のいいところだけをとってきたような、ビタミン的な役割があります。

明るくフレッシュで、ポジティブな印象を強く受けます。

また、緊張を和らげ力を出せる状態にしてくれます。

 

 

 

2.おすすめオレンジ色打掛3選

 

①上品なオレンジ打掛

 

オレンジ色打掛

 

【 花つぼに亀甲 】

唐織は、重厚な趣をもつ色合いのものが多くありますが、

あえて柄の配色を明るく優しいものにすることで華やかな印象に仕上げました。

伝統的な技法を用いつつも、明るい地色が愛らしさを印象づける逸品です。

 

 

②主役にぴったりのオレンジ打掛

 

 

【 道長天翔鶴 】

最高級の生地を深い色に染め、本漆や様々な色合いの箔をふんだんに用いて作り上げた色打掛です。

色とりどりの花に用いられている漆の語源は「麗し」とも言われ、日本女性を美しく彩ります。

オレンジ色に咲くたくさんの桜が花嫁様の魅力を引き立てます。

 

 

③春を思わせるオレンジ打掛

 

オレンジ色打掛

 

【 花車青海波桜鴛鴦紋 】

穏やかな波をあらわす青海波文様に、花車、爛漫の桜、鴛鴦あしらった唐織の打掛です。

人生の春を思わせる桃色に優しいパステルの色彩を組み合わせた愛らしさ満載の配色は、

初々しくキュートな花嫁様を演出します。

 

オレンジ色の色打掛についてご紹介致しました。

普段はオレンジの服をあまり着ない方も、華やかなオレンジ打掛に挑戦してみませんか?

 

▼色打掛の一覧はこちらから